別れと出会い、Kanstul Committee

今日、1981年製のFender Telecasterを売却した。 Black and Gold Telecasterという、なんともゴージャスでデラックスなギターであった。バンドのライブでも何度か使い(私の持っているギターの中から、娘がライブで使うならこれが良いと言って選んでくれた)、苦楽を共にしたギターであった。

もう、コロナでライブもやらなくなってしまったことと、持っているテレキャスターの中でも一番登場頻度が低いので、売却した。楽器を売却するのはとても辛いのであるが、それをお店が高く評価してくれて、高く売れてくれると正直言って嬉しい。私のギターも高く評価してもらったので、嬉しかった。

別れ際に、「ありがとう」とギターに呟いたら、なんとなく感傷的になってしまった。本当にありがとう。良いギターでした。ありがとう。

それで、その足で別の楽器店に行って、トランペットを買った。

売却して手に入ったお金は、一文残らずトランペットに変わった。すこし、追加でお金を払い、トランペットを手にいれた。

Kanstulの1603というモデルである。ラージボアのMartin Committeeの忠実な復刻版といったところの楽器だ。オリジナルのラージボアのCommitteeは今いくらぐらいだろう?50万円以上になってしまうか。復刻版のCommitteeのラージボアでも35万円ぐらいはするだろうか。復刻版も、もう20年ぐらい前に絶版になってしまった。

今回手にいれたKanstulというメーカーも、今はもう無くなってしまった。とても真面目に楽器を作る会社で、1603モデルは、その中でも上級機種であった。つい5年前ぐらいまでは新品で手に入れることができたのに、惜しいことに無くなってしまった。

Kanstulの楽器を買うのは2本目か。一本目は学生時代に、コミッティーを手放して買った、フォンティーヌ・ベッソンの復刻モデルだった。なんであの時、コミッティーを手放してしまったのか、今でも後悔しているのだが(そのあと長いコミッティー探しの旅が続いている)フォンティーヌ・ベッソンは15年ぐらい所有していた。ピストンの調子がイマイチだったことを除けば、音は素晴らしい楽器だった。カンスタルらしい、丁寧な音がした。銀メッキが真っ黒に錆びて、ものすごく貫禄が出ている状態で手放した。

今回のカンスタルは、それよりもずいぶん最近作られたモデルだ。ラージボアなので、なかなか鳴らしきれないが、先日知人に貸してもらったSchilkeのように、どんどん息が入っていく感じで、シルキーのようにド派手ではない音色も気に入った。

オリジナルの、状態の良いコミッティーはもうなかなか手に入らなくなってしまった。私も一台、ボロボロなルックスだが状態は良い個体を持っているが、プロのトランペッターに貸している。とても素晴らしい楽器なのだが、音が素直に出すぎて、私には扱いきれないのだ。彼は、大切に使ってくれているようだが、楽器なのだから、もっとバリバリ使ってもらって構わない。

トランペットという楽器は、どこか消耗品のような側面があって、エレキギターほどは長持ちしない。けれども、その短い命の火花が散っているうちに大切に演奏してあげるのが、楽器に対するせめてものリスペクトだと思う。

カンスタルのコミッティー、これからどのように美しい音をならせるようにできるか模索中である。

Big Sound! Schilke B5!

Schilkeと書いてあるのを見て、すぐに「シルキー!」と読めてしまうのはトランペッターぐらいでしょうか。トランペットについての文献以外でSchilkeという名前に出会ったことがない。

Schilkeといえばトランペットの世界では「高級品」「一級品の1ランク上」というようなイメージがあるのは、私だけではないでしょう。この写真のシルキーは、私のものではないのですが、まさに一級品の上の「特級品」というような楽器です。

シルキーの何が凄いかって、

まず、値段。高いです。新品はもちろん高いですが、中古ですらおいそれとは手が出せません。高いです。

そして、勢いよく遠くへ飛んでいくようなビッグで遠鳴りするサウンド。これも凄まじいです。下手な私なんかが吹いたら、下手なままビッグなサウンドで前にぶっ飛んで行きます。優しく吹いても、それがどんな優しさなのかはっきりと出ます。嘘偽りのない優しさなのか、上辺だけの優しさなのか。そういうのがはっきりと出てしまいます。

つくりの良さ。これも、個体によるでしょうが、やけにちゃんとしてます。ヤマハのつくりの良さのような、あそこまでのアレではないですが、アレとはまた別の、細かいところまでのトータルプロデュースの力強さというようなものを感じます。ヤマハは細かく見て作りがよく、シルキーはパッと見た時の作りが良い。誠に上品な風格でありながら、どっしりとしている。

なんだか、凄い楽器を貸していただきました。

早速吹いてみました。「おお、音がでかい」「おお、音がスーッと出て行く」「おお、息がどんどん入っていく」。バックの楽器と吹き比べてみましたが、バックの方は、楽器が音をつくってくれる感じ。なんと言いますか、音楽の工場に素材を運び入れたら、それを職人さん達がちょっとづつ、しっかり良いものを作ってくれている感じ。それに比べて、シルキーは、工場に素材を運び入れるや否や、どんどん出荷してくる感じ。もう、素材の味をそのままに、それもとびっきり活きの良いやつをたくさん出荷してくる感じ。

なんだか、バックのトランペットの「抵抗感がある」っていう感覚を今までよくわからないでいたのですが、確かにバックの方が「抵抗感があって良い音が出やすい」。それに比べて、シルキーは抵抗感があまりなくて、息が効率よく音に変わってくれる感じ。

これは、何に近いのだろうか。

Martin Committeeも、息がそのまま音になる感じの楽器ですが(その分、扱いが難しい)Schilkeはそれよりも、息の効率が良い気がします。

兎にも角にも、これでうまくならなかったらもう楽器は言い訳にはできない。頑張って練習するのみです。せめて、この楽器を貸していただいている間に、もっと自分の音を聴いて、音を綺麗にしたいと強く感じております。

まあ、楽器本体はとてもじゃないけれどおいそれとは買えないから、まずはマウスピースだけでも試してみてください。

Jeff Beckが亡くなった

昨日、Jeff Beckが亡くなったとのニュースを知った。

私は、Jeff Beckファンではないけれど、彼のギタープレーは凄いと思う。まともに聴いたことがあるアルバムは、Blow by Blowぐらいだし、それすらもじっくりと聴いたことは数回しかない。

レコードラックには数枚のアルバムと、ライブ盤のCDぐらいしか持ってはいない。それらも、じっくりと聴いたわけでもない。

しかし、彼のギターを聴く時、その表現力の多様さに圧倒されてしまう。エレキギターという楽器をある意味完全な意味で自分の声にしているミュージシャンであることは間違いない。

なんという曲だかよく覚えていないけれど、Blow by BlowのB面の最後の曲は凄まじい。もちろん、B面の一曲目の「哀しみの恋人達」も素晴らしいのだけれど。エレキギターという楽器が吟遊詩人のごとく、朴訥であったり、雄弁であったり、叫んだり、わめいたり、なんでもできてしまう。数日前にこのブログで言及したウィントンマルサリスのトランペットのように、自由自在に楽器を歌わせる。

もう、新作を出さないのかと思うと、なんだか寂しい。

いままで、新作の類を買ってこなかったが、新作をいつの日かエレキギター音楽の古典にできる数少ないギタリストの一人であったと思う。

誠実で、ショッキングで、美しい音楽を作り続けてくれて、ありがとうございました。

つかみから素晴らしいアルバム Chet Baker Love Song

昨夜、Chet BakerのSings Againを聴いていた。今晩は同じく Chet BakerのLove Songを聴いている。Sings Againとおなじプロデューサーのアルバム。リズムセクションは全く違うメンバーだけれど、Sings Againと対になっているようなアルバムだ。

1986年の録音。Sings Againが来日前の1985年録音で、こちらは来日後にあたるのか、詳しいことはわからないけれど、ヨーロッパ同様に日本でもチェットベーカーは人気があったのだろう。

一曲目I’m a fool to want youから始まって、B面の最後まで一気に聴かせるアルバムに仕上がっている。

何よりも選曲が良い。チェット自身の選曲なのか、プロデューサーのリクエストなのかはわからないけれど、チェットの魅力が溢れ出ている。ラウンドミッドナイトなんかは、チェットの晩年のレパートリーでは定番だったのかもしれないが、日本のジャズファンにはウケが良いだろう。そういう計算もあっての選曲なのだと思うが、とても良い。

なによりも、チェットの暗いアンニュイなトランペットと、儚げな歌に似合った曲を選んでいる。どの曲も、イントロからチェットベーカーの世界に引き込まれてしまう。これは、美しいという言葉とも違う世界だな。どちらかといえば、喪失感に近い。なにか、もう戻らないものが恋しいというような感覚に近い。それがなんなのかはわからないのだけれど。そして、それも正しい表現なのかすらあやしいけれど。

Sings Againと異なるリズムセクションと書いたが、このアルバムのリズムセクションはものすごく豪華である。ピアノにハロルドダンコ。この人は晩年のチェットとよく共演している。アートペッパーにとってのジョージケイブルス、スタンゲッツにとってのケニーバロンのような組み合わせと言ってしまえば乱暴であるが(乱暴すぎる!!)息がぴったりである。

ビッチビチに詰まったアンサンブルではなくて、むしろ空間を上手く使うタイプの演奏なのだけれど、急ごしらえのメンバーにしては息が合っている。チェットがこの録音にどのくらい時間をかけたのかはわからないが(クレジットでは三日で録っている)、よくぞこのような名盤を残してくれた。

チェットの後期の録音では、ライブ盤のBroken Wingというアルバムがとても好きなのだけれど(学生時代に京都で買った)、それとは違った、もっと上手くつくりこまれているようにすら感じる録音である。Broken Wingは1978年録音だから、もっともっと前で、チェットが枯れた雰囲気でありながらまだまだ凛としている。 Love Songはもっとリラックスしている。

このころのチェットは楽器は何を使っていたのだろう。きっとバックのストラッドだと思うのだが、もしかするとまだブッシャーのアリストクラートを吹いているのかもしれない。わからないし、どちらでも良いのだけれど、すごいことにチェットはどの楽器を吹いても、自分の音を出してしまう。こういう録音を聞くと、楽器の違いによるファクターってどのくらいあるんだろうかと思ってしまう。まあ、バックの方が楽器としての信頼性は高いのだろうけれど、どちらが良いというわけでもない。Buescher Aristocratを吹いているだろう1978年録音も素晴らしい。まさにチェットのトランペットの音である。

そして、このアルバムの良いところは、聴いていて疲れない。聴き疲れしないのに凄い。素晴らしい。

どのくらい凄いかって、まあ、騙されたと思って聴いてみてください。本当に騙されるかもしれないけれども。

もう、歌いたいだけ歌っていただきたい。Chet Baker Sings Again

Chet Bakerが好きで、ここ15年ぐらいじっくりと聴いている。チェットのリーダーアルバムは100枚以上出ているらしいのだけれど、40枚ぐらいは持っていて、50年代のものよりも、後期のものを盛んに聴いている。

最近、ずっとペダルスティールのアルバムを聴きこんでいたのだけれど、ちょっと聴きすぎてしまい、ペダルスティールに疲れているということもあり、久々にまたチェットのアルバムを聴いている。

ペダルスティールギターをこっそり練習しているのだけれど、なかなか上達しない。楽器は十分すぎるほど揃っているのだけれど、楽器の腕前はちっとも上達しない。こればっかりは仕方ない。練習時間が足りないのもそうなのかもしれないけれど、ペダルスティールは奏法が難しい上に、分かりやすい教則本の類も少ない。教則本をはじめのページからゆっくり読んでいても、ちっともペダルスティールの美味しいところに到達できる気がしない。

それで、ちょっとしばらくペダルスティールのレコードから距離を置いている。

気晴らしにトランペットを吹いてみたりしたのだけれど、これがまた難しい。トランペットは絶対音感だろうが、相対音感だろうが、音感が重要な楽器なので、それが苦手な私にはとてもきつい。

まあ、それでも、トランペットについてもギターについても、とてつもなく上達したいという志からは程遠いところにいるので、心の平穏を保っていられる。トランペットはいままであまり真剣に練習したことはないのだけれど、手元にある簡単な教本の練習曲のさわりの部分ぐらいは吹けるので、それが日々少しづつ吹けるようになれば御の字といったところで、楽しんで練習できる。

対してペダルスティールは難しすぎて、曲というものを一曲もマスターできていない。人前で「ちょっと弾いてみてください」などと言われても、ちっとも弾けない。これはこれで結構ストレスフルだ。けれども、40歳をすぎて新しい楽器を習得するというのはなかなか頭の体操になって良い。

話を戻して、チェットベーカーである。

今夜は彼の後期の作品、オランダ録音のSings Againというアルバムを聴いている。

あのChet Baker Singsにかけて、Sings Againなんだろう。内容も、My funny Valentineを演奏していたりSings Againの名に恥じない名盤である。

私は名盤Chet Baker Singsよりも、はっきり言ってこのSings Againの方が好きである。チェットの歌もトランペットも枯れきっていて美しい。ソロも、たいしていっぱい吹かないし(それは Singsでもおなじなのだけれど)トランペットの音域もとても抑え気味で無理しない範囲で吹いている。それが、とにかく安心して聞いていられるし、肉と魂が詰まっているような気がして心を揺さぶられる。

歌の方は、チェットの晩年の作品の中ではかなり「しっかり」歌っている。それも好感が持てる。

実は私は20代の頃チェットの歌は好きではなかった。なんだかちょっとなよなよしていて、かっこいいチェットのイメージから離れている気がしていた。けれども、これも含めてチェットベーカーなのだと思えるようになってから一気に引き込まれた。今は、とても心にしみる。チェットベーカーの歌は、まるで聴いている自分のためだけに歌ってくれているような親密感がある。本人も「余興」のようなノリでやっていたのがいつの間にか本業になってしまったかのような戸惑いさえ感じているのかもしれない。けれども、そこが良い。

世界一上手い歌手でないところが良い。

スキャットのアドリブも、トランペットのアドリブも、どちらもチェットの紡ぎ出す陰鬱で、しっとりとした魅力がある。できることなら、チェットにはもっと長生きして欲しかったような、これ以上やつれたチェットの姿は見たくなかったような、複雑な気分にさせられるところも良い。

私は、チェットベーカーという音楽が好きなのだ。

Sings Againとかもったいつけないで、もうこのまま歌いたいだけ歌っていて欲しかった。

ジャケ写が苦手で聴かなかったアルバムTed Curson

Ted CursonのPlenty of Hornというアルバムがあって、ハードバップのなかなか渋い名盤なのだけれど、ずっと聴いたことがなかった。最近やっと購入して改めて聴いている。

テナーサックスとの2管のクインテット編成なのだけれど、途中でエリックドルフィーがゲスト参加していてフルートを吹いている。エリックドルフィーをじっくり聴いたことは無いのだけれど、それを抜かしても、なかなか渋くキマっている。

エリックドルフィーなんかが参加しているからてっきりかなり前衛的なジャズを聴かせてくれるのかと思いきや、Ted Cursonはオーソドックスなハードバップ、ちょっと古臭いぐらいのスタイルで攻めてくる。

実はこのアルバム、私がずっと今まで聴いて来なかったのは、ジャケ写のせいなのである。とにかくレコードジャケットからただならぬジャズの雰囲気が醸し出されている。なんというか、フリージャズというか、いやそれともちょっと違うな。なんというか、前衛的な雰囲気だ。あの、 Ted Cursonが手にするピッコロトランペット(ポケットトランペットか)がなんとも怪しい。普通のハードバップのアルバムのそれでは無い。

それで、ずっと聴くのを避けてきた。

テッドカーソンは、ずっとミンガスのバンドにいたらしいので、そういうヤバイ雰囲気があるのは必然なのだろう。なんというか、やっぱり普通のアドリブの感覚とも違った、やぶれかぶれさというか、やけっぱちというか、そういう印象を時々受ける。

きっと、トランペットはものすごく上手いのだろうけれど、いや、実際上手いのだけど、粗雑さというか、乱暴さというか、勢いが良いというか、そういうものがある。田舎者の私が勝手に抱く江戸っ子のような印象だろうか。なんだか、こういうアルバムを聴いているのがバレると先生に怒られるきがする。なんの先生なのかはわからないけれど。よい子には聴いて欲しくないアルバム。

それもこれも、レコードジャケットを見ないで聴いたらかなり印象は違うのだろうけれど、このジャケットを見ると、なんだかジャズの開いてはいけない一ページを開いてしまうような気がする。

A面はそんなでも無いのだけれど、先に書いたようにオーソドックスなハードバップな内容なんだけれど、B面から漂うなんというかこの複雑な空気感、これがこのアルバムをさらに怪しくしている。それもレコードジャケットのせいなのだろうけれど。

ハードバップが好きであれば、ぜひレコードラックに一枚置いておきたいアルバムです。

Hipshotを取り付けたパーツキャスター

テレキャスターのBベンダーというものをどのように使うかは知らないが、HipshotのBベンダーを取り付けたテレキャスターを一台持っている。

Bベンダーは後付けなのだが、これも半年ほど前、値上がりする前に駆け込みで購入したものだから購入優先で、使い方は後付けという品物である。

ただ、パーツキャスターも含めテレキャスターをたくさん所有しているので、1代くらいはBベンダーが付いていても良いだろうということで、一番出来の悪いパーツキャスターに取り付けた。出来の悪いのに限って、なかなか気に入っているのだから世話は無い。

今日、それを久しぶりに引っ張り出してきて、いじっていたが、やはり使い方はわからない。2弦のBをC#にすることによって、一体どんなことが可能なのか。ペダルスチールの効果があると聞いたことはあるけれど、ペダルスチールギターについている全音上げのペダルは、VImコードをIメジャーコードに変えるペダルぐらいなので、これをギターでやるとすると、BストリングよりもむしろGストリングを全音上げた方が都合が良い。

とにかく、使い方がよく分からない。

よく分からないけれど、こういうガジェットは付いていれば付いているほど自己満足できるので、十分役目は果たしていると思う。

とりあえず、ジェリードナヒューでも聴きながら考えるか。

Joe Newmanの唄

Joe Newmanが好きである。カウントベイシー楽団で吹いていたトランペッターの中でもかなり好きな方である。いちいち上手い上に、分かりやすい。小難しいことはあまりやらずに、ソロもコンパクトに収めてくる。こういうトランペッターが良い。

半年ばかりペダルスチールギターもののジャズを聴いてきたが、ペダルスチールの複雑なハーモニーにちょっと疲れてしまい、今はしばらくトランペットもののジャズを聴いている。トランペットは単旋律なので良い。難しいことをやっていても唄がある。

ペダルスチールのジャズもなかなかあれはあれで良い。普通の楽器ではなかなか再現できないサウンドとコードワーク(コードの構成要素から省略する音符が独特である)によって、あの楽器でしか創り出せない音楽がある。ペダルスチールのスタンダードなジャズも良いけれど、ノンペダルのスティールギターで演奏されるウエスタンスウィングも良い。長時間聴くに耐えうる音楽である。

しかし、四六時中ペダルスチールのことを考えていたら、ますますあの楽器がわからなくなってしまった。もっと、基礎的な練習をしなければならないのだけれど、初めっから基礎的なやつばかり聴いていては面白く無い。それで、思いっきり複雑なハーモニーのやつを聴いていたら、自分の楽器の練習とかけ離れてしまい、なんだか頭がこんがらがってきてしまった。

そこで、トランペットの小唄ものに切り替えた。

おりしも、自宅では妻と娘がトランペットを嗜んでいる。先般、先生に習い始めたのだ。私は人にものを習うのが苦手なので習ってはいないが、私も時々練習をはじめた。トランペットの練習は時間を選ぶのでペダルスティールギターよりも制約が多いのだが、ペダルスティールは10分も練習すると頭が疲れてしまうのだが、トランペットの練習は体がバテるまでは続けられる。(ご近所や家族には迷惑な話なのだけれど)

それで、トランペット機運が盛り上がってきていて、トランペットもののジャズを聴くことにしたのだ。なんせ、トランペットものといえば、チェットベイカーが好きなのであるけれど、あればかり聴いていては心が暗くなってしまう。理想のトランペットの音色はチェットのような柔らかな音色なのだが、せっかく聴くならああいうのと併せて、明るく元気なやつも聴きたい。

そんなこともあり、今日会社帰りにディスクユニオンに寄って、Joe NewmanのCDを購入してきた。Joe Newmanがどれほどリーダーアルバムを出しているのかは正直言って知らないのだけれど、彼のトランペットは明るく明瞭なので、アルバムもそういう気分で聞くのであれば、だいたいどれもハズレは少ないと思う。

今日聴いているのはSoft Swingin’ Jazzというアルバムなのだけれど、これも小気味良いジャズを初めっからどんどん繰り出してくる。私の大好きなハモンドオルガンのシャーリースコットとの共演版である。Joe Newmanはミュートでもオープンでも機嫌よくトランペットを吹いている。

ジャズは、こういう難しく無いアルバムが少ないと思う。とくに名盤の誉れ高いアルバムはどれも先駆的であったりして、どうもこう、純粋に楽しんでしまおうという気分になれないものの多い。スリリングさを求めるならばハービーハンコックの処女航海とかああいうようなアルバムの方が良いのかもしれないけれど、私が今聴きたいのはそういう難しいジャズではなくて、とにかくノリの良い、楽しく唄うジャズなのだ。

そして、このアルバムJoe Newmanが歌いまくっている。いや、文字通り唄っているのだから、ぜひ聴いてみてはいかがだろうか。

高価な譜面台

私は音楽が好きで、道楽でいろいろな楽器をいじるのだけれど、実を言うと楽譜はほとんど読めない。もちろん、どこがドだとかそういうことはト音記号とヘ音記号についてはわかるのだけれど、それ以外についてはからきしである。

それ以外、それ以外とはなんだ、音符がわかれば大体わかるでは無いか、と言われたことがあるけれど、あの、休符とか付点八分音符なんかが出てくるとリズムが取れないのだ。途中でわからなくなってしまう。これでは困ったことに、ピアノ譜でもなんでもわからない。

だから、大体はあてずっぽうに吹いたり弾いたり、歌ったりしている。

幸い、コードは読めるので、ピアノで右手で四分音符を刻んでいる分には苦労しない。それが、ギター譜やら、ペダルスチールの楽譜なんかに至っては、まったく読めない。謂わゆるTAB譜の類も読めない。なので、練習が大変である。いちいち音源を用意して、それで楽譜で音符を読んで当たりをつけて練習する。おかげで正確なリズムで覚えていない曲が多い。

複雑なジャズのソロを採譜したやつなんかを見ても、ディテイルがわからないので練習にならない。まあ、そもそも練習をあまりやらないので大勢に影響は無いのだけれど、楽譜が読めないというのはどうも具合が悪いのである。

そんな私も、今日楽譜というものを買ってきた。ハイドンのトランペットコンチェルトの楽譜である。

ハイドンのコンチェルトは、もちろん大作曲家の曲なので大変名曲なのだが、大変目曲の割に楽譜がシンプルである。(だからと言って簡単なわけでは無いけれど)とにかく、リズムもなんとなくわかる範囲で書かれている。わからないところはCDを聴けばいい。

それで、買ってきて、吹いてみたのだけれど、案の定なかなか手強い。音符の数が多く無いため、綺麗な音色、正確なリズムで吹かなければ途端に惨めな演奏になってしまう。(初めは練習曲からにすればよかったか)

それでも、なんとか一楽章はカデンツァ以外はゆっくりであれば吹けなくも無いようになってきた。書斎の譜面台は、私のピアノである。アップライトピアノである。家を買ったときに、ピアノが欲しくて欲しくて、買ったアップライトピアノが今は書斎にある。これを譜面台にして練習している。高価な譜面台である。

今となっては貴重なCouesnon

フリューゲルホルンという楽器をご存知な方は、その名を一度は聞いたことがあるであろうケノン。私は、どうもこういう不遇の楽器が好きなのです。

ケノン、立派ではないか。全然不遇ではないではないか。と思われるかもしれない。ケノンを不遇などと呼ぶのはケシカラン!!と叱責いただくかもしれない。

申し訳ない。ケノンは立派です。ケノンはいい楽器です。でも、中古市場では酷い扱いを受けております。ケノンは、本気の楽器演奏者にはあまり好かれていないような気がします。

無理はありません。ケノンはどうも個体の良し悪しにばらつきがあります。とっても高級な機種(そんなのがあるのかどうか知りませんが)なんかだと、例えばモノポールとかスターモデル(?)なんかだと良い楽器ばかりなのかもしれませんが、大抵中古で出回っているケノンは、あまりいいコンディションではありません。

どちらかといえば、どこかのマーチングバンドで荒く扱われていたような、そういう類いのベコベコに凹んでいるものや、改造がなされているものばかり見かけます。

私の持っているケノンも、そういった類いの「実戦」で使われていたような楽器です。凸凹になっているし、3番抜き差し管にはトリガーが後付けされてます。あろうことか、マウスパイプもレギュラーシャンクのものに交換されております。ケノンなのに、ケノンシャンクではないケノン。これはなんだか気の毒になってしまいます。

しかし、いい音色がするのです。柔らかく、暖かいいい音色がするのです。こういうのはケノンでなくても出るのかもしれませんが、そうでもないかもしれません。

学生の頃、出始めのXOのフリューゲルホルンを持っておりました。社会人になって、ずーっとトランペットを吹かなかった時期があって、もう2度と吹くことは無いだろうと思い、売ってしまいました。XOのフリューゲルも赤ベルにシルバーメッキのなかなか本格的なやつを持ってましたが、あれもなかなかダークな音色が出ましたが、ケノンのような麗しい高音は出なかった。出なかったような、出たような、気がします。記憶が曖昧で全然覚えていないのです。

しかし、ケノンを手にいれてから(いままでケノンのフリューゲルを2台所有しております)フリューゲルの音色が好きになりました。フリューゲルだけ手に提げて、いつかはジャムセッションにでも参加できるようになりたいとすら思います。

ケノンは、上品な感じともちょっと違いますが、高音が柔らかく出すことができます。 XOのやつは高音を吹いたときにトランペットみたいな音色で鳴ったような気がします。いや、もう10数年前に手放したから、正直全然覚えていないのですが。

どこか、頼りない柔らかく優しい音色のケノン、これからも大事に吹いていきたいと思っています。

ケノン、といえば、トムハレルでしょうか。彼は、素晴らしい音楽を奏でます。ああ、トムハレルみたいに吹けるようになりたい。